ミニマリスト

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

収納のない狭い部屋に役立つアイテム

2021年2月、現在、東京の収納のない狭い部屋に住んでいて、収納アイテムを使用し、工夫を凝らしながら、生活をしています。

そこで今回は自分が使用している収納アイテムや使用方法についてシェアいたします。

Kazuhiro
Kazuhiro
部屋に収納スペースが無くて困っている人は、この記事を読めば、快適な空間に変えることができます。

 

衣類・そのほかの小物収納

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

私の家にはクローゼットが無いため、洗濯機の上に、突っ張り棒を設置しています。

平安伸銅工業のステンレス突っ張り棒は長さの種類も豊富で、棒の部分がステンレスなので、見た目も良いです。

また突っ張り棒だけで支えると、時々、落下してしまうことがあったのですが、ウエルスジャパンの『突っ張り棒が落ちない君』を設置することで、まったく落下しなくなりました。

取り付けは簡単で、突っ張り棒を設置したい場所に『突っ張り棒が落ちない君』を壁に当てて、ホッチキスを開いて、壁に芯(針)を打ち付けていくと設置できます。

ホッチキスの芯(針)を壁に打ち付けても、穴は本当に小さくしかあかないので、目立ちにくいです。

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

突っ張り棒には、無印良品の『吊せる収納・シャツポケット』とタヤの『90度ひねりS字フック』をつけています。

無印良品の『吊せる収納・シャツポケット』は5つのポケットがついていて、ニット帽、手袋、靴下、ハンカチなど小物を収納しています。

もともとシャツを入れるモノですが、幅も取らず、ポケットが深いので、小物収納に適しています。

もうひとつのタヤの『90度ひねりS字フック』はリュックやカバンを縦に吊るすことができ、幅を取らず、収納可能です。

そのため、衣類と一緒に吊るしても、邪魔にならず、役立っています。

吊るせる収納・シャツポケット
無印良品

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

無印良品の『壁に付けられる家具フック』と『吊せる収納・シャツポケット』を組み合わせると、省スペースで収納場所が作れます。

無印良品の『壁に付けられる家具フック』は壁にピン金具をあて、2穴にピンを挿して、そこにフックを取り付けられます。

壁に大きな穴が空きにくく、簡単にフックが取り付けられます。

そのフックを洗濯機の向かいの壁に4つ取り付け、無印良品の『吊せる収納・シャツポケット』を引っ掛けています。

無印良品の『吊せる収納・シャツポケット』は深さもあり、衣類やタオル類などの収納にぴったりです。

私はそれぞれタオル、肌着、洗濯ネットを収納しています。

これにより衣装ケースは不要になりました。

衣装ケースだとスペースを取りますし、引越しや処分の際に面倒です。

省スペースで収納場所を作りたい人は是非、お試しください。

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

山崎実業の『折り畳みドアハンガー』は、ドアに引っ掛けるだけで、ハンガー掛けになります。

ハンガーを掛ける凹み部分が6箇所あるので、間隔を空けてハンガーを掛けれたり、薄い服なら6着掛けれます。

またハンガーを掛ける部分は折りたたみ可能で、折りたためば、邪魔になりません。

私は普段着を掛けたり、部屋干しをする際に使用しています。

サランラップ・アルミホイルの収納

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

リヒトラブの机上台はサンラップやアルミホイルの収納にぴったりです。

机上台の下の隙間が、サランラップやアルミホイルを入れるのにちょうど良い高さになっています。

またその上に電子レンジを置くこともできます。

私はずれないように電子レンジの脚の裏に3Mのシールを貼っています。

寝具の収納

収納のない狭い部屋に役立つ便利アイテム

寝具の収納にはアイリスオーヤマの『スツール(ワイド)』を使用しています。

このスツールは上蓋を外せば、中に収納することが可能です。

私の寝具はコンパクトなモノなので、これ一つに収納できています。

ベッドや押入れが無いため、収納に困っていましたが、これに入れることで、スッキリすることができました。

収納だけでなく、椅子や脚立にもなりますし、このスツールは使わない時は折りたたむこともできるので、引越しの際も困りません。

ABOUT ME
かずひろ
1988年生まれ 和歌山県在住 東京から和歌山県橋本市に移住し、自然栽培農家で研修中。 赤目自然農塾でも勉強中。 『素のままに生きる』をテーマに、暮らし、ミニマリスト、自然農、料理、無印良品、ガジェットなどの情報を発信中。