ミニマリスト

東京1K一人暮らしの生活費 世田谷区 三軒茶屋周辺編

東京1K一人暮らし生活費 三軒茶屋

2021年6月で上京して2年目になります。

そこで今回はミニマリストの私が東京での一人暮らしの生活費をシェアします。

Kazuhiro
Kazuhiro
東京での生活は家賃が高くて、私も上京する前、過ごしていけるか不安でした。
この記事で、上京しようと考えている人の参考となり、生活を始める前の不安を少しでも解消できればと考えています。
花子
花子
この男でも東京で生活ができています!!

 

月の出費内訳(2020年)

私が現在、住んでいるのは、家賃相場が高めの世田谷区の三軒茶屋周辺地域ですが、月の生活費は抑えられていると感じています。

●家賃 6万円

●水道代 2,500円

●電気代(オール電化) 1万円以内

●通信費 計6,320円
・ケータイ 1,234円
・格安sim 528円
・モバイルwifi 4,558円

●Adobe Photoshop・Lightroom 1,078円

●レンタルサーバー(Xserver) 1,100円

●自転車保険 360円

●Amazon Prime 約408円 (年間費4,900円÷12/月)

●食費 2万5000円以内

●日用品費 1万円以内
(衣類・コンタクトレンズ・洗剤・サランラップ・ティシュ・ペーパータオル)

●書籍 4,000円

 

住まいのスペック

Kazuhiro
Kazuhiro
東京の住宅を探す際、内見のしないで決める方が多いので、良さそうな物件は埋まっていってしまいました。

何日も住宅サイトと睨めっこして、良い物件を探しつつ、各不動産に連絡して、住宅の情報を送っていただき、探していきました。

スピード勝負なので、本当に苦労しました。

花子
花子
家賃を抑えようと、逆に、駅、職場やスーパーから遠い住宅を選ぶと、たくさんの時間を失ってしまう。

例えば、職場まで片道1時間掛かるなら、週に2時間✖️5日で10時間、月に10時間✖️4週で40時間も失うちゃう。
もし時給が1500円だとしたら、40時間で6万円。

時間が作れるなら、少し家賃が高くても、職場、駅やスーパーの近くに住んで、その時間を副業などに使おう!!

東京1K一人暮らし生活費 三軒茶屋

●1K

●最寄り駅(三軒茶屋駅)から徒歩12、13分

●キッチン 1コンロ 小型冷蔵庫付き

●ユニットバス

●オートロックあり

●鉄筋

●2階

●室内洗濯機置き場あり

●クローゼットなし 

●駐輪場あり

●スーパーの近く

家賃は固定費の大部分を占めるので、できる限り安く抑えました。

自分はできる限り防音に拘りたかったので、鉄筋の住宅で、周りの環境も良さそうなところにしました。

その一方で収納スペースが少なく、狭いキッチンだったので、その点は工夫することで、改善していきました。

あと鉄筋の住宅ですが、時々、多少の物音がするので、気になるときは、ノイズキャンセルの機能のあるヘッドホンやウォークマンで自然の環境音を聴いて、騒音を防いでいます。

一般的な音楽を聴きながら、作業をすると、刺激が強くて、集中が途切れてしまいますが、自然の環境音だと心が落ち着いて、逆に集中が高まります。

Kazuhiro
Kazuhiro
ノイズキャンセルヘッドホンは型落ち品で割安なWH-1000XM3でも十分のノイズキャンセルが効くため、オススメです。
私もこれを使用しています。

 

通信費

Kazuhiro
Kazuhiro
私はガラケーを愛しています。
花子
花子
支出で通信費は高くなりがち。
大手キャリアから格安simに変更するだけでも、月額数千円の節約になります。

通信費は全てで6,230円です。

私はスマホ依存を防ぐために、ガラケーを持っていて、ワイモバイルと契約しています。

通話料はかけ放題の定額プランで、月額1,234円なので、電話代を抑えられています。

外でスマホの通信を使用するときは、モバイルWifi(GMO とくとくBB Wimaxを使用中)に繋げて使用しています。

東京でモバイルWifiが繋がらないことはほとんどありません。

モバイルWifiがどうしても繋がらない時は、格安simのイオンモバイルを使用し、繋げています。

繋げたとしても地図や乗り換え案内を見るだけなので、データーは1GBプラン(月額528円)で十分です。

Kazuhiro
Kazuhiro
私も以前はついついスマホやパソコンの画面と睨めっこしていましたが、スマホを家に置いて出かけたり、ネットに繋げない時間を設けています。
そのことによって、生活の質が上がり、時間ができ、通信費を下げることができました。
一度、ネットとの付き合い方を見直すことも重要です。

 

水道代

東京1K一人暮らし 水道代

水道代は月2500円ほどです。

シャワーは水道代で多く占めるので、洗浄と節水効果のある田中金属製作所のシャワーヘッド(ボリーナワイド)を使用しています。

メーカー説明によると50%の節水効果があるシャワーヘッドです。

また0.001mm未満の気泡のウルトラファインバブルによる洗浄効果もあります。

節水効果のあるシャワーヘッドは少しお値段はしますが、毎月の水道代は抑えられ、年間にすると大きな節約になり、元も取れるので、購入をオススメします。

また浄水器をつけて、飲料水や料理に使用し、ミネラルウォーターを買わずに済んでいます。

交換のカートリッジの3個セットをAmazonで購入すると、5600円ほどなので、1個あたりに1800円になります。

またカートリッジ1個で3ヶ月保つので、1ヶ月あたりにすると600円のランニングコストになります。

ミネラルウォーターを買うのに比べると、断然、安いのがわかります。

 

電気代

東京1K一人暮らし 電気代

私のマンションは、オール電化(エコ給湯、IH)で、電気代は季節によりますが、多くても1万円以内に収まっています。

電気代を一番抑えるポイントは部屋が狭いことと日差しが入る部屋であることです。

部屋が広ければ広いほど、エアコンや照明のパワーや数が必要になるので、電気代が高くなってしまいます。

私は以前、2DKの部屋に住んでいましが、1Rの部屋に引っ越して、電気代が数千円下がりました。

その上、部屋が狭いので、照明の消し忘れも減りました。

部屋が広いと全体に目が行き届かなくなり、消し忘れが発生します。

また部屋が南向きで、日差しがよく入るので、日中はカーテンを開ければ、照明を点けないで済みます。

花子
花子
部屋の広さより、部屋の狭いメリット、日当たりなどに目を向けよう!!

電球やシーリングライトは買い替えの際にすべてLEDにしました。

白熱電球をLEDへ交換すると年間で1年間で約2,000円、シーリングライトを蛍光灯からLEDへ交換すると1年間で約3,500円の電気代の節約になると言われています。

現在、使っている物が切れた際はLEDのモノに買い替えることをオススメします。

またシーリングライトは調光と調色を調節できるモノがオススメです。

エアコンのオン・オフを繰り返さないことや炊飯器でご飯を炊いた際に、保温のままにしておかないことを心がけています。

エアコンは室内を設定温度にするまでが一番、電気を使うため、こまめにオン・オフを繰り返していると、逆に電気代が高くなってしまいます。

そのため、適切な温度に設定し、少しの時間、外に出かける時などは電源をオフにしないようにしています。

炊飯器の保温も電気を使うため、ご飯を炊いた際は、iwakiのバックぼうるに移して、冷凍保存しています。

Kazuhiro
Kazuhiro
パックぼうるの400mlはご飯1膳分の容量です。私はご飯をよく食べるので、800mlの容量のモノを使用しています。

 

食費

東京1K一人暮らし 食費

私は朝食抜きの1日2食で、食費は3万円以内に収まっています。

食費を抑えるコツは、1食分作るのではなく、1度に何食分か多めに作って、冷凍保存することです。

1食分だけ作ると、食費が多く掛かったり、手間や時間が掛かるので、忙しい時に作るのが面倒になって、ついつい外食やスーパーやコンビニの弁当に頼ってしまい、お金が掛かり、健康にも良くありません。

私は大きめの鍋で、スープ、シチューやカレーを何食分も作り、冷凍保存しています。

Kazuhiro
Kazuhiro
下記の鍋がオススメ!
東京1K一人暮らし 食費

また外食に行ったり、お菓子もほとんど買いません。

外食は値段が高いですし、素材が悪かったり、濃い味付けや化学調味料が使用されていることが多く、健康にも悪いです。

ファーストフードやお菓子などのジャンクフードは、メーカーが売り上げを上げるために、体に悪いことを知っていながら、糖分、脂肪分、塩分を組み合わせ、また買いたいと思わせるように設計されています。

そのため、そのようなモノばかり食べていると、小腹が空いた時に、強烈に食べたい気持ちになり、ついつい購入してしまい、お金も健康も失ってしまいます。

まさに食品メーカーの思う壺です。

東京1K一人暮らし 食費 節約

そして、お菓子は糖分と脂肪分を多く含み、体に必要な栄養素が含まれていません。

そのため、私は小腹が空いた時は、お菓子を食べるのではなく、煎り黒豆、くるみやナッツ類を食べるようにしています。

その中でも煎り黒豆は、値段もリーズナブルでお腹を満たしてくれます。

どうしても甘いモノが食べたい時は、焼芋や果物、メープルシロップなど自然の甘いモノを食べるようにしています。

また飲み物も糖質を含んだ清涼飲料水ではなく、浄水器で濾過した水や炭酸水を飲んでいます。

そのような生活をしていると、自然とお菓子やジュースなどが欲しく無くなってきます。

Kazuhiro
Kazuhiro
体が喜ぶモノを食べよう!
それが余計な出費を防ぎ、健康にも繋がります。

 

日用品費

日用品費は月によって違いますが、5千円から1万円以内で収まっています。

私の生活で必要な日用品は衣類、ソフトコンタクトレンズ、洗剤、掃除用品、サランラップ、アルミホイル、ティシュペーパー、ペーパータオル、デンタル用品、ゴミ袋や文房具です。

花子
花子
どんな日用品を購入し、どれだけお金を使っているのか把握することは大切です。
東京1K一人暮らし 日用品費

衣類は最低限の数量に抑え、シンプルな服装にしています。

昔はいろいろなブランドの服を購入して散財をしていましが、現在は、ユニクロの服が大半で、アウトブランドのモンベルの服が数着程度です。

衣類は値段が高いからと言って、機能性が良く、長く保つわけではありません。

その中でユニクロは値段もお手頃で機能性も比較的良いです。

またモンベルもアウトブランドの中ではお手頃で、機能性も良いのでオススメです。

東京1K一人暮らし 日用品費

日用品の消費量を減らすために、ご飯を冷凍する時にサランラップで巻いていたのを保存容器に入れたり、手が濡れたときはいつもタオルペーパーを使っていたのですが、コンタクトレンズの付け替え以外はフェイルタオルを使用しています。

何気なく使用している日用品は以外に大きな金額になります。

普段、どんな日用品を使用しているか認識し、そこに無駄はないか、他のモノで代用できるものはないか考えることは大切です。

 

最後に

上京する前は東京は家賃が高いので、生活ができるか不安でしたが、日々のお金の使い道を見直すことで、お金に困ることなく生活できています。

また東京ではUber Eatsの配達や短時間バイトのTimee(タイミー)で働けば、隙間時間でお金を稼ぐことができます。

上京すればなんとかなるので、不安がらずに希望を持って来ていただければと思います。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ABOUT ME
かずひろ
1988年生まれ 東京在住 『素のままに生きる』をテーマに、暮らし、ミニマリスト、料理、無印良品、ガジェットなどの情報を発信中。